© てりたま.inc

twitterではつぶやかないことを書いてます

あ”~トイレで絶対に死にたくはないわ~って話。

f:id:teritama_fab:20160727185734j:plain

どうも、てりたまです。(@teritama_fab)

普段ひきこもり生活を送ってるわけですが、健康には無駄に気をつかったりするんですよね。たとえば間食をしないとか、脂ものばかり摂取しないで野菜も食べるとか。まぁ気を遣うといってもこのレベルの話ですけど。

ボク以外にもひきこもってる人で健康に敏感な人ってかなりいるんじゃないでしょうか、ひとりで勝手に共感してます。

 

このブログを読んでくれてる人がどの世代の人なのかわかりませんが、ちなみに初めて来た人のために、ボクは40才直前のアラフォーです。とだけ説明しておきます。(雑)

ボクのことについてはコチラの記事から。

teritama.hatenablog.com

 ボクのかんたんな説明をしたとこで、本題に入りましょうか。

 

なぜトイレなのか?

 

そもそもなんでトイレ?なのか。それは、くっそ暑い夏のある日にボクがトイレで踏ん張ってた時にめっちゃ汗だくになったわけです。

その時になぜか、もしこの状況で死んだら?って想像してみたんですが、いろいろと想像した結果死にたくない場所ベスト1がトイレだなって思い、せっかくだから記事にしてみようと思ったわけです。

書くの遅れましたが、食事中の方はごめんなさい。

 

気になって「トイレ 死亡」で検索してみたら「271000件」ありました。検索結果から、トイレで死亡する原因ってボク独自のおおざっぱな調査ですが、3つあるとわかりました。

  • 季節的なもの
  • トイレでの特有の原因
  • 不測の事態によるもの

季節的なものは簡単にいえば急激な温度変化によって身体に異変が起こり死に至るもの、これはトイレに限らず真冬や真夏の風呂場でもよくある原因ですね。

トイレ特有の原因とは、トイレで大きい方をしてるとき、気張るときにあまりにも力みすぎて脳卒中で死亡するケース。

高齢の人が脳卒中で死亡する20%がトイレらしく、思ってたよりも多く発生してるようです。

最後の不足の事態というのは、こんなニュースを見つけたので紹介しながら説明しますね。

 

news.merumo.ne.jp

 

詳細はリンク元からみてください。簡単に内容を説明すると奥さんがトイレをしてる時に、体重約100kgの旦那さんがトイレのドアの前をふさぐように寝込んでしまいそのまま死亡。閉じ込められた奥さんも熱中症と脱水症状で死亡してまったというケース。

なぜ旦那さんがトイレの前にいたのかは謎ですが、こういう事も起こりうるわけです。家のトイレでも何が起こるか分からないので油断はできません(汗

 

なぜトイレで死にたくないか?

 

もしボクがトイレで死んだ時のことを想像したら単純に恥ずかしいなと思ったからです。

ボクは実家暮らしなんですけど、家族からの通報を受けた消防隊員が駆け付けたとします。

カギがしまったトイレのドアをこじあけられ、隊員が中に入った瞬間、下半身全開の自分がそこにいるわけで、その姿はやはり見られたくないわけです。それに人生最後の姿が尻丸出しってのも想像するとなんか笑えるけど、恥ずかしい気持ちも当然湧いてくるわけです。

家族にその姿を見られてしまうのも嫌ですね。

 

ボクが死んだあとに家族だったり知人(最近誰とも会ってないけど・・)が振り返ったあとに「最後がトイレなんてね~・・」って話をされるのも、すでに死んでいるとはいえ切なくなりますw

だからボクはトイレで死なないように、あまり気張らないように気を付けたり、脱水症状対策として日ごろ水分取るようにしてます。さすがにトイレのドアを開けたままするとか、そんな大それたことはできませんw

 

ちなみにみんなはここでは絶対に死にたくない場所とかってありますか?

んじゃ、てりたまでした。

 

熱中症・脱水症状対策に

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


 

 よかったらこの記事も読んでね。 

teritama.hatenablog.com

teritama.hatenablog.com