© てりたま.inc

twitterではつぶやかないことを書いてます

デイトレで成功するためにこれだけはやっておくべき、ベスト3!!

f:id:teritama_fab:20160721034737j:plain

夏休みも関係なくひきこもっている、てりたまです。(@teritama_fab)

 

ひさしぶりにポケモン以外の話になります。

前の記事でボクは株で失敗したことがあるんです、という記事を書いたんですが、

それがこちら。

teritama.hatenablog.com

 

今回は失敗した経験をもとに、デイトレで成功するためにやっておくべき3つの準備を書いてみたいと思います。極端なことを書いてる場合があるかもしれませんが(本人は至ってまじめです)、どうか温かい目で読んでもらえると助かります。

 

投資資金は最低でも100万円は用意しとこう

 

ボクの経験から言うと、デイトレで稼ぎたいと思うなら最低でも100万円は準備しておきたいとこ、欲を言えば300万円はあった方がいいと思います。ボクは50万円から始めましたが、正直50万円なとこ50万円なんてあっという間に溶けます。

よく投資関連の本で少額からできるなんてタイトルの本はありますが、あれはコツコツ増やしたい人向けの本なので、デイトレ向けではありません。それに少額から始められたとしても儲かる金額は少なく、損する金額は多いというパターンに陥りやすいです。

 

そもそも「なぜ最低100万円なのか?

少額で株を始めた場合って買える銘柄も株数も限定されてしまいます。例えば利益を出そうと、思い切って投資金額の3分の2をぶち込んで株を購入したとします。

その株でまさかの含み損が出てしまった時「他の株で損を埋めたい!」と思っても投資資金が足りなくて身動きが取れない状況になってしまうからです。

投資金額が多ければ当然買える株も多く、リスク回避もできるようになります。なのでFXや株などデイトレで稼ぎたいなら掻き集めてでも、100万円以上は準備しましょう!

 

bot(ボット)になりきってトレードをするべし!

 

bot(ボット)とはなんだ?という人にはこちら。

 

e-words.jp

 

デイトレで成功するためには、以下のメンタルも必要になります。

  • ロボットのような余計な感情を捨てるぐらいの気持ちが必要です。
  • 自分で決めたルールに沿ってひたすらトレ―ドに専念しましょう。

トレードにおいて動じないメンタルと集中力があれば、ほぼ最強です。

たとえば負けてる時にイライラして自分を見失い、損を取り返そうとして返り打ちにあい、さらにそれを取り返そうとして大損する、負のループにハマることになります。

株価って今まで動く気配なかったのに突如上がったりするんですよね、なので油断してスマホでゲームしたり、テレビをチラ見してると、買うタイミングを失い、せっかくの儲けるチャンスを逃すことになってしまうんです。

滝に打たれるもよし!座禅で精神修行するもよし!デイトレで成功する為には、日常の中で自分の精神を鍛えておく必要があります。

 

格ゲーやFPSで瞬発力を養うべし!

 

デイトレには動じないメンタル以外にも、瞬時の判断力と瞬発力が大事になってきます。その両方を同時に養うのに持ってこいなのが、実はゲームなんです!

特に格ゲー(格闘ゲーム)やFPS(ファーストパーソン・シューターの略でアクション&シューティングゲームのことです)と言われるゲームは、瞬時の状況判断と即座にコントロールキーを押す瞬発力を養うことができます。これはトレードにも共通してることが多く、日々の鍛錬もかねてゲームをプレイしてる人もいるんじゃないでしょうか。

デイトレでは「ここで下げ止まったら買いのタイミングだな」、という状況判断や株をこの値段になったら買う!と決めた瞬時に取引画面に値段を入力するスピードが求められます。値動きが激しいときは秒単位で株価が動くので状況判断と瞬発力が求められます。

なので格ゲーなどのゲームはやっておいても損はないと思います。「俺はゲーム苦手なんだよな」という人には、せめてテンキーの配置場所を覚えるのと、ブラインドタッチはできるようにはしておいた方がいいと思います。スマホで取引する場合も同じです、日々のメールやラインなどで入力する速さを養っておきましょう。

 

まとめ

以上でボクが株を失敗してわかったことをまとめてみました。

デイトレするにはお金の面でも精神面でも余裕を持ってやらないと、あっという間に投資資金が溶けて相場から退場処分を食らうことになってしまいます。少ない投資金額で勝てる人はレアなケースだと思うので。

この記事が、これから株やFXでデイトレを始めるよ!っていう人の参考になれば嬉しいです。

 

んじゃ、てりたまでした。

よかったらこの記事も読んでね。

teritama.hatenablog.com

teritama.hatenablog.com