読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

© てりたま.inc

twitterではつぶやかないことを書いてます

◯◯◯を始めたいって相談されたときは後押ししてほしい

どうも、てりたまです。

始めようと思った気持ちを大事にしてほしい

友達でも家族の誰かからでも何かを始めたいって言われた時は、否定から入らずにやってみれば?と後押ししてほしいんです。

 

アイドルになりたいとか、子供の中でなりたい職業にランクインしてるユーチューバ―になりたいとか、「現実は厳しいしそんなの無理だよ」というような事でも否定しないで、やってみなよと背中を押してあげたいのです。

 

これはあくまで極端な話ですが株やFX、ギャンブルとかでも経済的な条件がそろってれば挑戦させてほしいと思うんです。

 

ボクも目指してますが「プロブロガーになりたい」とかでもいいんですよ

その人が始めたいと思ったその気持ちを大事にしてほしいんです。

 

後押ししてもらえると勇気100倍なんです

誰にも相談せずに始める人もいると思いますが、中には人から後押ししてもらえないと、一歩を踏み出せない人もいるということを知ってほしいんです。

 

僕もその中の一人でした。それまで何かを始める時は、必ず親や友達に相談していました。

 

でも相談してもほとんどは否定から入り、辞めたほうがいいよと言われて「・・・そうか」と諦めたこともありました。否定から入られた時点で、やる気と自分への自信がなくなり自己嫌悪に陥ってしまうんです。

 

周りの説得で考えを変えるなんて意思が弱いなって思う人もいるでしょう。でもボクはそういうタイプの人間でした、誰かに背中を押されて始めたい!そういう思考(性格)の人もいることを知ってほしいんです。

 

人に背中を押されるとそれだけで自信と勇気が湧くんです!だからまずは背中を押してあげてください。

 

心配なら期間を決めて応援してあげて

どうしてもその人のことが心配なら、「期間を決めてやってみれば?」と期限を決めて応援してあげるのもいいと思うんです。

 

重要なことは始めたいと思った気持ちを折らずに、まずはやらせてあげてほしいんです。

 

成功したらそれは凄いことだし、失敗したとしてもそれに費やした労力と後押ししてもらえたという事実は、その人の大きな自信とより所になります。

これはとてつもなく大きなことなんです!!

 

終わりに

極端な話もしましたが、自分の始めたいことに対して自信を持てずにいるという人がいることを知ってほしくてこの記事を書きました。

 

世の中にどれだけそういう人がいるかはわかりませんが、もしこの記事を読んだひとで、「何かを始めたいんだけど」って相談されたときはたとえ無理そうなことでも、話を聞いてあげて後押ししてあげてください。

 

長い文章になったけど、最後まで読んでくれた方はありがとうございました。

 

んじゃまた!