© てりたま.inc

twitterではつぶやかないことを書いてます

錦織圭がなかなか寝かせてくれませんでした。

f:id:teritama_fab:20160816024154j:plain

どうも。てりたまです。(@teritama_fab)

チクショー結局最後まで見てしまったじゃねーか。めっちゃ感動したじゃねーか。

あ、昨日の錦織選手の試合の話です。

 

錦織選手の対戦相手が、スペインのラファエル・ナダル選手、ナダル選手には元世界ランキング1位になったほどの実力者なので、とにかくめちゃくちゃタフで強い選手というイメージがありました。ちなみにリオ大会ではすでにダブルスで金メダルとってます。

1セット目は錦織選手の動きがよくナダル選手を圧倒して6-2で先取「これはいけるんじゃね?」と思って全ての手がとまり画面に見入ってしまいました(´Д`)

 

2セット目も錦織選手は好調をキープし、ゲームカウント5-2となりあと1ゲームとれば銅メダルが確定「これは勝ったわ」、「メダル決まった瞬間みて今日は寝るか」と思ってたら、ナダル選手が急に元気になりだしてあれよあれよという間に6-6、そしてタイブレイクに突入へ。

いつのまにか会場はまるでナダル選手のホームかのような雰囲気に、しかも神がかりなチャレンジ成功などもあり会場はさらにヒートアップ。結局錦織選手はその空気にのまれてしまったのか、なす術なく2セット目をダウンしてしまうまさかの展開に。

 

「最終セットまでもつれ込むなんて、錦織選手もったいぶるわー」

 

この時点でたしか朝の4時だったはず、いつもならこの時間に寝てます。ここまできたら「もう錦織選手についていきます!」と覚悟を決め、最後まで試合をみ届けることに。

 

そしてメダルをかけた3セット目は錦織選手が1セット目のような動きをとり戻し、試合を優位に進めていきます、しかもナダル選手がイライラしだして集中力が切れたのかミスが出始め、錦織選手に追い風が吹き始めます。

そして再び魔の5-2のスコアに。ボクのメンタルであれば2セット目の悪夢の逆転劇が脳内によみがえり萎縮してしまうかもしれません。

しかしここはさすが世界の錦織選手、同じ過ちは繰り返しません(`・ω・´)キリッ 冷静に試合を進め5-3となったとこで自分のサービスゲームをしっかりキープし、見事日本テニス界96年ぶりの銅メダルを獲得!

 

この銅メダルは相当な重みと価値あるものだと思います、それ以上にナダル選手を倒したことが凄い!日本の選手がナダル選手を倒す日がくるなんて正直想像できませんでした。

素晴らしい試合をみれてよかった!いや~起きててよかった!何もしていないのに心地よい疲労感と達成感から、おかげさまでその後ぐっすりと眠ることができました。

錦織選手おめでとうございます!そして最後まで見届けた人もお疲れさまでした!

 

んじゃ、てりたまでした。

よかったらこの記事も読んでね。

teritama.hatenablog.com

teritama.hatenablog.com