© てりたま.inc

twitterではつぶやかないことを書いてます

逆境をくつがえすメンタルがほしいんじゃぁぁあ

どうも、てりたまです。(@teritama_fab)

昨日のバドミントン女子ダブルス決勝みました?高橋・松友ペアの大逆転での金メダルには鳥肌たちっぱなしでした。見てない人はぜひユーチューブなどで見てほしいですね。

 

www.youtube.com

 

あらためて動画を何度も何度も見返してるけど最終セット16-19からの5連続得点は神がかってたな~。終盤に3連続でポイント取られて普通ならあのままズルズル~っと押されて100%負け確の展開ですよ。

 

でも高橋・松友ペアはあと2点取られたら負けという逆境にも動じず、積極的に攻めに転じるという超強気の姿勢であの5連続得点の大逆転を演じたわけです。

「なんであの逆境の場面で強気になれるんだよ、しかも素人の試合じゃなく世界のトップを相手に・・・」「すげーよ、ホントすげーよ」

ボクならもうテンパってわけがわからないまま試合終了になってたでしょう(;´Д`)

 

とくに松友選手の冷静な判断力は「凄い!!」の一言ですね。試合後のインタビューで16-19になった時に負けるにしても攻めきりたいと言ってて、あの最後の積極的な逆転劇につながったみたいだけど、ボクが見た感想では、松友選手は相手が19点を取った時に金メダルへのプレッシャーを感じてるのが分かっていたんじゃないかな?って思ってます。

終始相手を冷静に観察してたからこそ、相手に来ていた試合の流れを自分たちの方へ寄せ付けられたんだと思います。

 

どうすればあの逆境をくつがえすメンタルを手に入れられるんだろうか?それは日ごろの素人が想像つかないような練習があのメンタルを支えているんだろうけど、それ以外にも根本的にいかなる状況でもブレない強い芯があるような気がします。

ブレない強い芯・・・豆腐メンタルのボクにとってはもう耳が痛い話です。スポーツでは無理だけどボクも今挑戦していることで実績を作り自信をつけて豆腐メンタルから卒業したい・・・はぁ・・・。

 

動じないメンタルとあの冷静な俯瞰力を持った高橋・松友ペアはまさに世界最強!金メダルにふさわしいペアだと思います。日本バドミントン界、初の金メダルこれは快挙と2文字では簡単に言い表したくないほど歴史的にも凄いことだと思ってます。

 

なにしろボクがバドミントンをかじってた頃は、インドネシア・中国・韓国が競いあってて日本は世界から置いてかれていたポジションにいたと思います。世界の大会に出ててもベスト8にいけば快挙って感じでした。

それが今では世界大会でも上位の常連、しかも金メダルを取るなんて・・・。本当にいつの間にこんなに強くなったんだっていうほど日本のバドミントンは急速に力をつけた感じがします。

 

最後に、シングルスの奥原選手は準決勝で残念ながらインドの選手(ってインドもいつの間に強くなってたんだ?)に負けてしまいましたが、3位決定戦の相手が準決勝の試合中に足を負傷し棄権が決定。奥原選手の銅メダルが決まりました。

ダブルスの金メダルも歴史的快挙ですがシングルスのメダル獲得もバドミントンをかじっていたボクからすれば歴史的快挙ですよ、オリンピックのシングルスでメダルを獲得すること自体想像できませんでした。

 

奥原選手自身も両足をケガして引退まで考えてた時期も過去にあったみたいなので、3位決定戦の相手になるはずだった中国選手のことも考えると複雑だったはず、本当であれば試合をして銅メダルを取りたかったと思います。

思いもよらぬことが起こるのがオリンピック、準決勝まで実力できたのは事実なわけで、奥原選手には銅メダリストとして堂々と凱旋帰国してほしいな。

 

高橋・松友両選手金メダルおめでとうございます!奥原選手も見事な銅メダルおめでとうございます!あなた達のおかげで改めてバドミントンの面白さ・魅力を教えてもらいました。あ~バドミントンやりたくなってきたなー。

 

長い記事になったけど、読んでくれた人ありがとうございます。

 

んじゃ、てりたまでした。

よかったらこの記事も読んでね。

 

teritama.hatenablog.com

teritama.hatenablog.com